医療法人社団 菜の花会

町田産婦人科 菜の花クリニック

194-0045

町田市南成瀬7-14-1

生理がつらい方:月経困難症

保険診療

月経困難症は、月経の期間中に月経に関連した病的な症状がある状態をいいます。月経困難症には腹痛以外にも頭痛や吐気、気分の変調なども含まれます。子宮筋腫などが存在してこれらが原因の月経困難症もありますし、原因のわからないものもあります。

治療は、月経時に鎮痛剤の内服をする、漢方の治療、ホルモン療法(この場合はLEP製剤やIUS)があります。

ホルモン療法:LEP製剤

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP製剤)は2種類の女性ホルモンをふくむホルモン製剤で、月経困難症の治療に使われております。

IUS(Intrauterine System)子宮内黄体ホルモン放出システム / 薬剤名:ミレーナ

IUS(ミレーナ)は黄体ホルモンを子宮内で持続的に放出させるために、子宮の中に器具(薬剤)を挿入留置する子宮内システムです。長期間の留置が可能(最長5年)で、過多月経や月経困難症の治療に使われております。

医療法人社団 菜の花会

町田産婦人科 菜の花クリニック

194-0045

東京都町田市南成瀬7-14-1

042-728-1101